TAKUROと衣笠

探偵社と興信所の違いはなにかと聞かれることがありますが、していることはほぼ同一です。離婚裁判などで配偶者の浮気を請求事由にするつもりなら、浮気の証拠がないと、まともに取り合ってもらえないようです。裏付け取りに素人が手を出して、相手に警戒されてはまずいですし、そっちのプロである興信所や探偵事務所に依頼すれば、スムーズに離婚できると思います。仮に離婚しなくても、慰謝料請求の根拠にもなりますし、再発防止に効果を発揮します。武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、実地面での素行調査(不倫や不貞含む)を確実に遂行するには、スキルがしっかり身についているレベルにまで達していなければなりません。ベテラン社員にも複数回の講習や試験を義務付けている会社もある一方、酷い会社になると1日講習を終えただけのバイトさんが調査するなんてこともあるみたいですから、格安というところは注意したほうが良いでしょう。費用対効果があるプロフェッショナルに調査に入ってもらうことこそ、確実な成果につながるのです。探偵を使い慣れている人はいないでしょう。いきなり不倫調査を依頼したいと思ったところで、依頼先選びに苦慮するのは一般的なのではないでしょうか。探偵業務を行う事業所は、公安委員会への届出が不可欠です。認められれば営業所ごとに番号が付与されるので、まともに届出を出している会社なのかは、届出番号を取得しているかどうかでもわかります。大事なことですので、業者の公式サイトや宣伝広告等に番号があるかどうかはチェックするべきです。探偵と便利屋って探したり尾行するだけなら一緒じゃないの?と言われてしまいました。答えはノー。歴然とした法律上の違いがあるので今一度ご理解いただきたいと思います。何でも屋とか便利屋と呼ばれる仕事は普通の会社と同じように始められますが、興信所や探偵社のほうは、警察署経由で所管の公安委員会に誓約書や身分を明らかにする書類と共に開業届を出し、探偵業届出証明書の交付を受けなければ営業することはできません。法規制がない便利屋と違い、依頼者の個人情報と権益を守る義務があるのが探偵業者です。興信所や探偵に調査を依頼するなら、まずそこの評判を調べるのは欠かせません。無視できないような悪い評判のある会社では、高額な追加料金が上乗せされたり、適当な調査でごまかしている場合もあるみたいです。少なくとも標準より高評価の事業者を選べば、法外な代金をとられることはないでしょうし、もちろん、浮気の追跡や行動調査なども手抜かりなく行ってくれると思います。探偵の調査能力というのは、企業としての大きさが一応の目安にはなると思います。全国規模でフランチャイズ展開している会社は、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、時代の移り変わりに合わせた改善を繰り返しています。また、大規模な業者では相談員や調査員の教育にも積極的で当然ながら調査面にフィードバックされてくるわけです。かれこれ十年以上、興信所の探偵として勤めていますが、比較的件数の多い仕事といえば浮気調査でしょう。証拠を押さえるためにはそれなりのワザとカンを必要です。地道といいつつも予想外の出来事は多く、即応すべく、「経験に基づいた判断力」が必要です。なにより、対象人物に浮気調査がバレてしまうことが問題で、発注者の安全と利益を損なわないよう、細やかな注意を怠らないことがプロの探偵です。探偵社への依頼の仕方は、まず、電話で相談します。心配なら非表示でかけるのもOKです。電話でスタッフと話してみて、詳細を打合せたいというときは、事業所へ行くという運びになります。相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、信頼できる会社だと思ったら契約書を交わし、そこから実地での調査が始まるでしょう。しっかりした探偵社が仕事をしても、結果を出せない場合もあります。一例をあげると、不倫の証拠集めで調査期間中にその行動が見られなかったケースです。ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、結果が出ないこともないわけではありませんから、仕事を発注する探偵社のクチコミ等を契約前に確かめておく必要があるでしょう。あとは、依頼者と探偵がお互いによく話して疑問点を解消することが結果を左右するのはいうまでもありません。どちらに理由があるのかはケースバイケースのようですが、探偵による浮気調査で、金銭面で揉めたパターンもあります。先に見積もってもらった金額によく分からないオプション料金や経費が生じていて、あわてて契約の解除をしようにも、違約金を請求されることもあるのです。トラブル防止のために、正式に依頼する前に確認しておくことが大事ですね。料金説明をしぶったり質問に答えてくれないようなら、そうでないところを探したほうが、結果的にうまくいくでしょう。一般的な追跡調査で探偵が使用していた機材といえば、過去には無線発信機というものをよく使いましたが、少し前から衛星を使ったGPSを活用する探偵社が増え、旧型の発信機と比べると明らかに調査対象の追跡性能がアップしました。昔と違って今のGPSは精度がだいぶ高くなっていて、地下駐車場など通信困難な場所でない限り、追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。GPS を取り付けることができれば追跡調査の確実性は著しく増すのです。探偵業といえど競争があるのは事実で、相場より安く請け負うところやなんでも時給換算で明朗会計なんていう業者もしばしば目にするようになりました。そうは言っても、別料金扱いのオプションが設定されているケースがあるので、もしそこに依頼するなら、そういった疑問点を解消し、トラブルにはまらないよう注意しましょう。探偵を雇うには、探偵業を行っている企業の営業所等に申し込むのがもっとも確実です。質実ともに良い会社に調査をしてもらうには、いくつかのところを比べてみるのがコツです。調査に定価はなくても大体の見込み価格程度は理解しておきたいですね。悪質な価格設定の探偵から身を守る予防線のようなものです。調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーかというと、そうでもないです。規模の大きな探偵業者では以前から決済方法にクレジットカードも選択できるようになっています。明細書の記載に配慮した業者も少なくないですから、調査会社を使ったことが配偶者にばれるおそれがないのが嬉しいですね。支払いにクレジットカードを使えるところは、信販会社の審査に通っているわけですし、業者を選定する上での判断材料にもなるでしょう。探偵会社を利用するにあたって、どうしても気になるのが料金でしょう。コストテーブルがあるとはいえ、依頼内容によって増減します。不倫や親子関連の行動調査などでしたら、1時間の調査として、平均的には2万円台と考えておくとよいでしょう。実績とつり合ってこそ支払う価値があるのでしょうし、こればかりは専門業者に直接聞いてみるのが時間もかからず、気持ちも整理しやすいのでいいでしょう。いざ探偵を利用しようと思うと、どこに依頼したら良いかわからないものです。そこで目安になるのは「地域」です。誰しも居住地と勤務地を中心に行動するため、どの地域なのかを中心に、ネット検索すれば会社の数は限定されます。ある程度の選別ができたら相談専用電話があればそこに、そうでなければ代表か営業所に電話をかけ、相談しましょう。現場の人と話をしてみないことには、信頼できる探偵社かどうかわからないです。電話番号を非表示にしてかけることもできるのですから、まずは電話です。ダンナの不倫や隠し子などの調査依頼のために探偵の元を訪れるとかいう設定は、レディコミやドラマでも誰でも見かけたことがあるのではないでしょうか。物語に登場する探偵の仕事は視聴者にも「想定の範疇」なので、わざわざお金を出して頼むまでもない気がしますよね。しかし、実際には相手や周囲に気取られないよう後を追って、証拠になる写真まで撮ってくるのは経験が物を言う仕事です。相手にバレて逆に激昂されたり揉めるといった事態を避けるためにも、調査は専門家に依頼するべきだと思います。フィクションの世界ならともかく、現実の探偵の手法として、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。調査対象に内密に追跡しながら、素行をチェックしたり、証拠を入手する仕事です。露見することはまずありませんが、追跡する側はターゲットの行動を予測しておかなければなりません。どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのがこの仕事なのです。いまどきの探偵業界の傾向として、タダで相談員との面談ができるチャンスを設けているところが結構あります。初めて探偵の仕事を依頼するのですから、ぜひ利用しておきたいですね。信頼できる会社かどうか理解を深めるのにはうってつけだと思います。先入観をもたずに話を聞いてくれるはずですし、相談していくうちに、それまで複雑でどうしようもなかった心配事を仕切り直しできるので、おすすめです。よくあるサービス業の対価に比べると、調査会社に頼んで浮気調査をしてもらうときの料金は、リーズナブルとは言えないでしょう。ただ、安さで依頼したところで浮気してるかどうか「わからなかったです」では、お金をドブに捨てるようなものです。最終的に頼りになるのはその会社の実績値なのですが、高値設定のところほど、必ずしも調査能力が高いわけではないのが実に悩ましいところです。興信所を使うときの代金はまちまちで、ごく一部の業者とはいえ、異例とも言える高額な請求を行っている例もあり、注意が必要です。高額請求の背景にハイクオリティな仕事があるのかと聞かれれば、一概に釣り合っているとは言えません。高額な料金を請求しておきながら、不倫の証拠が得られないなんてことにならないよう、契約を交わす前に平均的な価格について調べておくべきです。調査レポートとか調査報告書と呼ばれるものは、業者ごとにスタイルはさまざまです。しかし、調停離婚や訴訟の場で利用する可能性がある場合は、なんでも証拠になるというわけではないので、要点を踏まえた質の高い報告書でないと意味がなくなってしまいます。あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、業者を選定しなければなりません。探偵業者に任せるべきかどうか、ずっと悩んでいるのなら、まず電話をかけてみるのをおすすめしています。会社概要等は、広告でも見かけますし、インターネットでも見ることができます。相談してみると、相談内容に沿った調査方法を提案してくれて、それで良ければ仮見積もりを出してもらえます。相談と見積りまでなら無料という会社も少なくないですし、費用だけでなく内容もそれで良いかよく考えてから依頼することもできます。探偵社を使い慣れている人はいないと思いますが、時には怪しいサギまがいの業者が存在するので、依頼するなら事前に情報を集め、信用度の高い業者を見つけるのが大事です。例えば、浮気の追跡といった調査ひとつとっても、短時間で済む場合もあれば、その逆もあります。調査費用、所要期間(時間)等については、わかるまでよく説明してもらった上で依頼しましょう。浮気の素行調査を探偵社に依頼する時は、最低限、相場というものは調べておいたほうが良いです。不安感を煽って高額な契約を押し付ける悪質なところもあるので、身を守るためでもあります。それから、相場より明らかに安価な料金を謳いながら、あとになって必要経費といって、追加や割増でかさ増しされた料金を請求してくることもあるので、コストテーブルについては事前に、きちんとした説明を求めるようにしましょう。あまり評判の良くない探偵業者にひっかかってしまうと、きちんとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。話をしに行っただけで碌な説明もなしに契約を促したりする業者は用心してかかるべきです。断ったり、返事を保留にして帰ったあとで、何度も電話をかけて契約を執拗に迫るのは劣悪な業者とみて間違いありません。誠実な探偵業者は人を不安にさせるようなことはしないはずです。単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、調査対象が身近な人間なわけですから、調査していることに気づかれやすい上、もし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない危険性もあります。探偵業者でしたら、ターゲットにばれることなく不倫の証拠を集めるテクニックに習熟しているため、シロウトが行うよりずっと上手に素行調査や裏付けがとれるはずです。トラブル回避のためにも利用をお勧めします。探偵の看板を掲げるには特に資格や免許などは不問といっていいでしょう。そのかわり、探偵業の適正化のために作られたいわゆる「探偵業法」によって、最低でも業務を始める前の日までに、事業地の所管の警察署経由で公安委員会に届け出書を提出し、探偵業届出証明書の交付という許可を受けることだけは省略できません。これがないか見せるのを渋るようなら怪しい業者ということです。探偵業者が不倫や素行調査を行う際は、映画やドラマの探偵のような手法でターゲットの調査にあたることもあります。行動追尾や張り込みは言うまでもなく、相手の行きつけの場所や時間を割り出し、妥当であれば交友関係者に聞き取り調査なども行って精度をあげるようにします。また、社外秘として違法ではないけれど極秘の調査手段が存在するらしいです。いざ不倫調査を探偵に依頼したあと、調査がバレやしないかと緊張してしまう人は少なくないようです。探偵はそれを仕事にしているのですから、察知されることは極めて少ないといっていいでしょう。でも、「探偵を雇った」という事実で依頼者の態度が普段と変わってしまい、相手が用心してしまうというケースもあります。調査が完了するまでは、自然な振る舞いを心掛けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です